*

Google「Think Insights」が認めたゲーム実況動画の販売促進効果!!

公開日: : ゲームのニュース

ゲーム実況の中の人

ゲーム実況の中の人
同サイトにアップされた「Gamers on YouTube」と銘打たれた8ページからなる研究報告書では、
YouTubeに投稿されているゲーム関連動画がどのように見られているかについて詳細な分析が述べられていて、
「2012年はゲーム関連動画をYouTubeで見るユーザーが前年比で2倍に増加しました」と指摘しています。
(中略)

特筆すべきなのは、YouTubeにアップロードされた特定のゲーム関連動画のうち、
メーカーによる公式動画のシェア(閲覧の割合)は50%に過ぎず、
47%はファンが手がけた実況プレイ動画などであるというデータです。

メーカーによる公式動画と、ファンが制作した動画の影響力がほぼ同じである

というこの分析結果は、
ゲームメーカーのマーケティング戦略にとって大きな衝撃となるかもしれません。

また、これらのデータが示す結論として報告書では

「ゲーム間連動画の閲覧数と実際のゲームの売上高には
非常に強い相関関係がある」

と結んでいて、
売上げアップのためには発売前の多種多彩な動画による
プロモーション戦略が特に肝要であることを強調しています。

「ゲームファンの投稿動画は公式動画に匹敵する人気」Google「Think Insights」が報告

けっこうニコニコ動画見てても「プレイする手間が省けた」や「買いたくなった」とか
コメントが分かれてたりします。
俺もついこの前PS3の「大神」の実況動画をみて、つい買っちゃいました。
まさにゲーム実況の効果でしょう。

だいたいプレイすることないゲームを購入するとしたら・・・
今までのシリーズが面白かった、とか
口コミ。など理由があげられるでしょう。
しかし慎重派は、面白さを具体的に理解できないまま買うわけがありません。
そのときに役に立つのが、実際にゲームをプレイして
友達の後ろで画面を見るような感覚のゲーム実況でしょう。

これからも実況動画が増えて欲しいですね。
[amazonjs asin=”B008CMDSOI” locale=”JP” title=”大神 絶景版”]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

この投稿のトラックバックURL「http://akihiro-anime.com/archives/572/trackback」


  • 面白いのが多いですね。(*´ω`*)
    日曜
    「エロマンガ先生」
    「進撃の巨人」
    月曜
    「僧侶と交わる色欲の夜に・・・」
    「リトルウィッチアカデミア」
    火曜
    水曜
    木曜
    「サクラクエスト」
    金曜
    「ひなこのーと」
    土曜
    「ソード・オラトリア」

PAGE TOP ↑