*

なかむらたかし監督『ブブとブブリーナ』感想

公開日: : アニメのニュース

今回ご紹介するアニメは「ブブとブブリーナ」。

bandicam 2016-01-05 23-00-14-368
その原案・脚本のなかむらたかし監督は・・・
風の谷のナウシカ (原画、王蟲暴走と後半の空中戦闘、1984年)。
AKIRA (作画監督、1988年)
パルムの樹 (監督・原作・脚本、2002年)
ファンタジックチルドレン (監督・原作・脚本・キャラクターデザイン、2004年)なども担当されました。
特にナウシカの空中戦闘シーンとか胸熱ですね。
AKIRAも世界規模で話題になりました。
ではアニメーション見本市を見ていきましょう!
ブブとブブリーナ

bandicam 2016-01-05 23-00-47-635

bandicam 2016-01-05 23-00-54-310

カラフルな色鉛筆風のタッチの街をブブとブブリーナが歩きます!

BGMがトランペットなのでウキウキ感のあります。((o(´∀`)o))ワクワク
小さなブブが風船を出しながら赤い実まで空中浮遊!
まるで絵本の世界ですね!
「なんだリンゴか。」
bandicam 2016-01-05 23-01-00-872

bandicam 2016-01-05 23-01-27-748

bandicam 2016-01-05 23-01-26-234

bandicam 2016-01-05 23-01-37-090

bandicam 2016-01-05 23-01-49-323

bandicam 2016-01-05 23-01-55-409

bandicam 2016-01-05 23-02-04-788

bandicam 2016-01-05 23-02-17-281
「ふふふ!」
白のパンチラをする足長少女まで登場。

まさかの林原めぐみさんの一人三役の声です。

黒パンツのブブリーナが赤い靴を履かせてもらいます。
しかし呪いのアイテムだったようで大暴走!!
bandicam 2016-01-05 23-02-42-912

bandicam 2016-01-05 23-02-47-816

bandicam 2016-01-05 23-02-59-352

bandicam 2016-01-05 23-03-15-084
ブブの風船人形で止めに入りますが太刀打ちできず!
青い肌の美少女となって完全体に!
オードリー

bandicam 2016-01-05 23-03-37-200

bandicam 2016-01-05 23-04-58-731

bandicam 2016-01-05 23-05-01-500

「わたしはオードリー。ダンサー。」

しかしリサイタルの前に日に死んだ霊のようです。
すぐに話さず回転シーンで間をとって観客の心をつかむ演出もしっかりしてます。
新キャラの登場シーンも多いので次から次にポンっと出すと視聴者が何に注目すればいいのか分からなくなるので
こういう間の取り方は大事ですね。
アニメの全体も寒色となって凍りつくような女の子の寒々しさを表現しています。
くーるくる!
bandicam 2016-01-05 23-05-18-226

bandicam 2016-01-05 23-05-46-897

bandicam 2016-01-05 23-05-54-908

bandicam 2016-01-05 23-05-59-222
「まぁ・・・」

観客の風船人形を出したブブ。

全身表現が多いので、長い手足で見栄えを良くしてるようです。

満足した美少女オードリーの霊は成仏します。

ふたたび元に戻ったブブリーナと街を駆け出します。
bandicam 2016-01-05 23-06-26-555

bandicam 2016-01-05 23-06-31-927
月に顔はあったり、やや児童向けな絵本アニメという感じでしたが面白かったですね。
とくに風船人形は物語上柔軟性があって何が飛び出すかわからないワクワク感があります。
キャラデザ的には萌え系デザインに慣れちゃってるので初め見たときは「え?」とは思いましたが
不思議な世界観にはマッチしてますね
さらに正面からの演劇みたいな視点が多く、劇場に来たかのような感覚は新鮮でした。

日本アニメーター見本市『ブブとブブリーナ』

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

この投稿のトラックバックURL「http://akihiro-anime.com/archives/42747/trackback」


  • 暫定的ですが、アニメ感想はこんな感じかな。
    日曜
    Fate/Apocrypha
    妹さえいればいい。

    月曜
    お見合い相手は教え子、強気な、問題児。(5分)

    火曜

    水曜
    食戟のソーマ 餐ノ皿
    お酒は夫婦になってから(5分)

    このはな綺譚
    木曜
    金曜

    土曜
    Dies irae
    ラブライブ!サンシャイン!!第2期

PAGE TOP ↑