*

日本アニメ(ーター)見本市『Carnage』の感想<本間晃監督>

公開日: : アニメのニュース

さて屈指のアニメーターそろった第四話の作品『Carnage』
bandicam 2015-01-28 23-24-57-391
いきなり美少女の尻!しかも乳首も描写!

しかし隻腕の女です!

まるで画用紙にクレヨンで描いたかのような『グレンラガン』でお馴染みトリガーが好みそうなタッチです。
昔の映写機のようなノイズ入りとなってます。斬新。
bandicam 2015-01-28 23-25-33-092

bandicam 2015-01-28 23-26-11-631

bandicam 2015-01-28 23-26-16-158

隻腕の女

bandicam 2015-01-28 23-26-28-704

bandicam 2015-01-28 23-28-06-584

bandicam 2015-01-28 23-31-14-707

bandicam 2015-01-28 23-31-27-429

bandicam 2015-01-28 23-31-25-985

bandicam 2015-01-28 23-31-31-403

bandicam 2015-01-28 23-31-34-667

bandicam 2015-01-28 23-31-51-686

bandicam 2015-01-28 23-31-57-280

bandicam 2015-01-28 23-32-05-599

bandicam 2015-01-28 23-32-10-862

bandicam 2015-01-28 23-33-04-719

bandicam 2015-01-28 23-35-13-925

bandicam 2015-01-28 23-35-21-427

bandicam 2015-01-28 23-35-25-087

bandicam 2015-01-28 23-39-14-735

神父
隻腕の女の過去。

左腕を切断され父親と思しき男性を殺されます。

そして父と腕を失くした野蛮人の一人はいま神父(牧師?)をやってます。
あっさりと殺されます。
bandicam 2015-01-28 23-39-56-079

bandicam 2015-01-28 23-42-41-047

bandicam 2015-01-28 23-42-49-823

隻眼の男

bandicam 2015-01-28 23-43-01-018
「おいで。」
金髪ロリを抱っこする隻眼の男

おそらく隻腕の女VS隻眼の男という展開でしょう。

ん!?終わりました!?
エンディングクレジットが流れ続きはウェブで!と言わんがばかり!
しかしこれが本作品の全編です!

テーマは復讐の虚しさのようなモノでしょうか。

あきらか改心して真っ当な人間として生きる神父と
金髪の可愛い子供を愛してやまないパパに復讐して
あとに悲しさが予想されます。
bandicam 2015-01-28 23-43-10-009

bandicam 2015-01-28 23-43-42-783
最後に描かれた死神の絵画は隻眼の男の死と、
隻腕の女の人間としての終わりを意味してるのかもしれません。
奥深い。

さて本間 晃(ほんま あきら)は、日本のアニメーター。

マッドハウス出身。日本アニメーター・演出協会理事。
『BLACK LAGOON』第9話の打ち合いのシーンの原画で注目をあびる。『ケモノヅメ』第5話で初作画監督。第10話では3人原画のうちの1人をつとめる。

仕事

BLACK LAGOON (2006年) – 原画(6話・8話・9話)
ケモノヅメ (2006年) – 作画監督(5話)、原画(1話・2話・3話・5話・6話・10話・13話)
電脳コイル (2007年) – 作画監督(19話・24話)、原画(OP・15話・16話・17話・18話・22話・23話・24話・25話・26話)
カイバ (2008年) – 作画監督(2話)、原画(7話)
亡念のザムド (2009年) – 原画(11話)
うさぎドロップ (2011年) – 作画監督協力(10話)、原画(4話・5話・6.5話・7話・10話)

あと劇場版アニメも・・・

パプリカ (2006年) – 動画
スカイ・クロラ (2008年) – 原画
鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星 (2011年) – 第二原画
ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜 (2012年) – 原画
ももへの手紙 (2012年) – 作画監督補佐・原画
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q (2012年) – 原画
ハル (2013年) – 原画
思い出のマーニー (2014年) – 原画
俺としては劇場版アニメのほうに注目人気作が多いと思ってます。
作品の内容と画風がマッチしていて良かったのですが、
ただ今回の作品は最後まで・・・もしくは神父との決着をメインにする形にしてほしかったですね。

まぁあえて持ち味である撃ち合いにしなかったのは神父が無抵抗に死を受け入れた贖罪を表現したのでしょう。。
ただ・・・心理描写が大半なので文章なら様になってたかもしれませんが動きに欠け絵としては地味さが残りました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

この投稿のトラックバックURL「http://akihiro-anime.com/archives/25696/trackback」


  • 感想予定ですが・・・悩みます!
    日曜

    月曜
    TVアニメ リトルウィッチアカデミア
    火曜

    水曜
    One Room
    木曜
    小林さんちのメイドラゴン
    金曜
    クズの本懐
    うらら迷路帖
    セイレン
    土曜

PAGE TOP ↑